このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 初心者におすすめしたい!FXトレードでポジションを持つタイミング

初心者におすすめしたい!FXトレードでポジションを持つタイミング

499view

2018.01.24

チャートの崩れを狙う

FX口座を開設したばかりの初心者の方には、1年間に2回や3回発生するチャートの崩れを狙うことをお勧めしたいと思います。為替相場では、勝負どころとなる大きな値動きが1年に2回から3回程度発生します。為替相場では、売り気、買い気の微妙なバランスの上を、上下に絶えず揺れ動いています。相場が狭いレンジで数ヶ月間動かないときは、その為替レートの水準が適正であると多くのトレーダーたちから認識されているためです。

適正水準と認識される理由は、為替レートの決定要因である各国の国際収支や経済成長率、インフレ率といった経済のファンダメンタルズと、政策金利の水準を比較して適性と思われるためです。また、為替の実需筋や投資家による為替ポジションの需給も均衡を保っているのです。

しかし、世界経済のファンダメンタルズは刻一刻と変化しているため、為替相場がレンジ相場入りしたころには妥当と思われた為替レートが、時間の経過とともに世界経済や各国の経済の実体から大きく乖離していきます。それでも、為替相場は当面はレンジ相場を継続させますが、次第に値動きが煮詰まるようになると、テクニカル指標が上下いずれかの方向へ大きな動きをすることを示すようになります。

そして、経済のファンダメンタルズに沿う形で、為替レートが大きな動きを示すようになるのです。ここが勝負どころです。為替市場に蓄えられたエネルギーが出口を見つけて、一気に噴き出すのです。例えば、それまでの為替相場で直近の高値を更新したときには、その機会をとらえて大きな買いポジションを持つことにより、多額の為替差益とスワップポイント収入を得ることが可能となるのです。

市場心理を利用する手法

FXの口座開設をしたばかりの初心者の方には、市場心理を利用したトレード手法を用いることをお勧めしたいと思います。市場心理とは、為替市場の参加者が一様に感じており、理屈では上手に説明できない状態であり、為替相場の地合いが強いとか弱いといった感覚です。為替相場では買い材料のはずが、為替レートはまったく上昇せず、ときには下落することもあります。

このようなとき、銀行などの為替ディーラーは地合いが弱いと感じます。これが弱気な市場心理です。このような弱気の市場心理の状況のときは、チャートの支持線を手掛かりに買いポジションを持っても、さらに相場は下落し続けてしまい、損切りさせられてしまいます。例えば、大きな規模の実需の売りポジションが毎日出ると仮定します。

買いポジションを持っている為替ディーラーやトレーダーは、大きな規模の売りをぶつけられてしまい、自分が持っている買いポジションを投げさせられます。このような展開が連日続くと、買いポジションを持っても儲からないという意識が市場全体に浸透してしまいます。一方、弱気な市場心理を利用して、売りポジションを持ってみると、高い確率で利益を得ることができてしまいます。

売りポジションを持つことで利益を得るパターンが何度か続くと、市場心理はさらに弱気に傾いてしまうものです。このようなとき、IMMポジションをチェックすると、実際に売りポジションが膨らんでいることがわかります。市場心理は、IMMポジションにおいて、建玉が具体的に数値化されているのです。市場心理は、為替相場をひとつの方向へ向かわせますし、さらに相場を後追いする傾向があります。

具体例としては、イギリスがEUを離脱する観測とともに2015年からポンド安が始まり、市場心理は一気に「ポンド安」となりました。そして、この市場心理が2016年に入ってさらにポンド安へと向かい、高値から約40%もポンド安が進行したのでした。このときは、IMMポジションをチェックすると、ポンドの売りポジションが積み上がっていたのです。

このように為替相場をつくっていくのはFXトレーダーたちですが、市場心理を効果的に利用してポジションを持つことによって、多額の為替差益を得ることが可能となります。

噂でポジションを持ち、事実でポジションを決済する

FXの口座開設をしたばかりの初心者の方には、株式投資をしている投資家の間でよく用いられる「噂で買って、事実で売る」という言葉に類似した格言として、「噂でポジションを持ち、事実でポジションを決済する」という言葉を念頭に置かれることをお勧めしたいと思います。

この言葉が意味する内容は、為替相場では上昇トレンドが発生して数日経過してから買ったのでは遅すぎるため、常に他人の先を行くFXトレード手法を用いるべきというものです。決定的な事実が公表されたあとでは、材料が出尽くしとなってしまい、事実が公表された時点をもって最高値もしくは最安値を打つケースが多々あります。

そして相場が反転してしまうのです。このため、例えば買いポジションを持つときは、噂が流れている段階で買いポジションを持たないと、確実にスワップポイント収入を得ることはできませんし、為替差益を得ることもできないのです。具体例としては、2012年11月中旬から一気にドル高円安が進行した大相場がありました。

このときは日本で政権交代がおき、自民党政権が発足した場合には、大規模な金融緩和策が導入されるだろうという噂が為替市場をかけめぐり、一気に1ドル80円台から100円台まで上昇相場が続いたのです。実際に、自民党政権が発足し、日本銀行が大規模な金融緩和策を導入したのは2013年4月上旬でしたから、事実が発生する約6ヶ月前からドル円相場は大幅なドル高円安へ向かって動いたのです。

なお、2013年4月上旬に大規模な金融緩和策が導入されたあとは、約1年4ヶ月間もドル円相場は横ばいで推移しました。1ドル100円を挟んで上下5円幅で推移したのです。この結果からも、「噂でポジションを持ち、事実でポジションを決済する」ことは正しいといえるのです。

今日の高値は明日の安値

「今日の高値は明日の安値」とは、為替相場における格言です。先述のような2012年11月中旬から2013年5月までの一貫したドル高円安相場が、この格言の象徴です。相場が異常なトレンドを見せ、毎日高値を取り続けました。しかし、1ヶ月に1度程度は、利益確定や売りポジションが入ってきたことにより、少々の下落が発生しました。

しかし、一転して再び上昇トレンドを取り戻し、高値を抜いて並んでいた売り注文を買い注文がこなしていったのです。このような状況となると、もはや利益確定の売りを出すことも、売りポジションを持つこともできません。そして、売りたい人が売り終えた相場となったなら、もはや買いポジションを増やし続けるしかないのです。

それまでは、もはやドル高円安の水準が高すぎると感じて買えないと感じていても、直近の高値を抜き去ったのであれば、追加で買い増しをすることができるのです。スワップポイント収入も大幅に蓄積させていくことができるのです。このときのような為替相場は頻繁には訪れません。

しかし為替相場とは、あるときを境に相場のトレンドが完全に一変してしまうのです。そして、ドル円相場において2013年4月上旬につけた高値を、2017年12月時点においても下回ったことはないのです。これが「今日の高値は明日の安値」を象徴する現象です。大きなトレンドが発生した相場においては、高値を追う形となってでも相場を追随する形でポジションを増やさなければ、利益を増やし続けることはできないのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る