このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 通貨ごとのスワップポイントでFX会社を比較&各社で差異がある理由

通貨ごとのスワップポイントでFX会社を比較&各社で差異がある理由

494view

2018.01.24

スワップ狙いのメリットとは

スワップポイントとは

FXというと、少額の証拠金に高いレバレッジをかけて、デイトレードなどの短期売買により大きな利益を獲得するというのが最大の人気の理由となりますが、もう一つ、スワップ狙いのトレードという手法があります。これは2国間通貨ペアの金利差を利用したトレードで、この金利差が日々スワップポイントとして獲得できますので、売買利益というよりはむしろ金利差によるスワップポイント獲得を目的とするトレード手法です。

この手法が人気なのは、デイトレーダーのように売買を繰り返す必要がなく、比較的長期投資で運用できるため、初心者のようにそれほど腕に自信がないケースでも十分に対応できるトレードだからです。

スワップ狙いのトレードなら、ポジションを保有しているだけで利益を獲得することができますので、デイトレードのように取引時間中ずっとチャート画面に張り付いている必要がありません.このようなことから初心者にも大人気ですし、スワップ狙い専門のトレーダーも多く存在しています。

低リスクのトレードも可能

FXの魅力には、高いレバレッジをかけられることがありますが、これにはハイリスクハイリターンという利益を取り損ねた場合には、大きな損失を被る可能性もあります。つまり、高いレバレッジをかけることでリスクテイクするわけですが、スワップ狙いのトレードの場合にはレバレッジを低くすることで極力リスクを抑えるというトレード手法もあります。

極端な話が、レバレッジを1倍としてトレードしたとしても、取引手数料は無料ですし、スプレッドも外貨購入などと比べると非常に狭くなっていますので大変有利です。デイトレードで売買差益を狙うのであれば、国内FXでは個人投資家の場合に最大となる25倍までのレバレッジで勝負する人が多いでしょうが、スワップ狙いの場合には長期投資が原則ですので、レバレッジは自由に調整できるわけです。

デイトレードなどの短期売買手法では、ストップロスの設定などでリスクヘッジを行いますが、スワップ狙いのトレード手法ではレバレッジの調整でリスクヘッジをはかることが可能です。

FX会社によって異なるスワップポイント

スワップポイントはFX会社ごとに異なる

スワップ狙いのトレードの肝となるスワップポイントはFX会社により異なります。なぜ異なるかは後ほど説明しますが、各社のスワップポイントについては公表されていますので、金利差を狙うのであれば高水準のスワップポイントを選択する必要があります。

初心者の方が口座開設する際、短期売買による売買差益を目的とする場合には、約定力やスプレッドの狭さが重要ですが、スワップ狙いの場合には、スワップポイントの高さや取扱い通貨が重要となります。

例えば、高金利で人気のトルコリラがトレードできるFX会社は限られていますので、取り扱っているFX会社を選択し、その中でも高いスワップポイントのFX会社に口座開設する必要があります。

スワップポイントは日々変動する

また、注意すべきはスワップポイントとは原則として日々変動するものですので、毎日公表される金利をチェックする必要があります。基本的には、通貨の金利とはその国の政策金利次第ということになります。金利先物市場では毎日金利が変動していますので、政策金利の変更が予想されると先物市場では事前に金利が変動することがあります。

FX会社のカバー先である国際金融機関は先物市場の影響を受けますので、FX会社とカバー先の交渉次第ではFX会社のスワップポイントも影響を受けることになるのです。とは言え、価格のように毎日毎日変動するようなものではありませんので、大きく動きそうな際には注視するという程度でよいでしょう。

スワップポイントが各社で異なる理由

スプレッドとスワップポイントの関係

スワップポイントがFX各社により異なることは前述したとおりですが、そもそもなぜ差があるのかということについてはあまり知られていません。例えば、海外FXのように顧客からの注文はすべてインターバンクに取り次ぐという注文方法の場合には、スワップポイントはインターバンクとの交渉で決まることになります。

ところが、顧客の注文を自社で受けている相対取引の国内FX会社の場合には、必ずしもインターバンクとの関係でスワップポイントが決まるわけではありません。つまり、相対取引の場合のスワップポイントとは、FX会社が独自に設定していることになりますので、スワップポイントが高いとか低いというのはFX会社の戦略あるいは方針である可能性のほうが高いと考えられます。

一般的に、スワップ派に人気のFX会社の場合には、スプレッドについては若干広くなる傾向があります。同様に、システムトレードに力を入れているFX会社の場合にも、スプレッドについてはそれほど狭いということはありません。スワップ派に人気のスワップポイントが高いFX会社というのは、スワップ狙いのトレーダーの口座開設を目的として意識的に高くしていると考えてよいでしょう。

FX会社によっては得意な通貨があるケースも

本来、スワップポイントは通貨ペアの金利差から生じるものですが、ここから業者の手数料が引かれることになりますので、高水準のスワップポイントを提供しているFX会社はスプレッドが広くなりがちです。ところが、ケースバイケースで、スプレッドは同じでもスワップポイントは異なることも多く見かけます。

これも戦略的なものである可能性は高いのですが、FX会社のインターバンクとの関係や資金力などの関係で得意な通貨があるケースでは、その通貨については高水準のスワップポイントが提供されることもあります。

スワップ手法におすすめのFX会社とは

スワップポイントが高いFX会社の有利性

スワップ手法でトレードするためには、高水準のスワップポイントが獲得できるという条件のほかに、日々変動する金利水準を比較的長期に維持できるFX会社でトレードすることが重要です。この点、国内のFX会社の場合には、インターバンクの影響というよりも自社の戦略的な方針でスワップポイントが決まることがほとんどですから、その国の政策金利が変更されない限りは比較的安定したスワップポイントが提供されることになります。

スワップ派のトレーダーは、言うまでもなく提供されるスワップポイントに大変敏感ですので、他に有利なスワップポイントを提供するFX会社が登場すれば、そちらに口座開設をして速攻で移ってしまいます。従って、戦略的にスワップ派トレーダーを引き込む目的を持っているFX会社には、長期的に安定した水準のスワップポイントを提供する必要があるのです。

おすすめのFX会社は

FXの黎明期には、どのFX会社を利用しても相応のスワップ金利差を享受することができていたのですが、世界的な低金利時代になり、スワップ狙いのトレードにも徐々に妙味は失われつつあります。とはいうものの、依然としてトルコリラ、豪ドル、南アフリカランドなどの高金利通貨が存在しますので、これらの通貨ペアの場合には高水準のスワップポイントを獲得することが可能です。

スワップ派にとっておすすめとなるFX会社とは、まず高水準のスワップポイントを提供している会社ということが前提となりますが、加えて、高金利通貨を取り扱っているという条件が必須です。FX会社の方針にもよりますが、デイトレーダーなどの短期売買を目的とするトレーダーの口座開設を期待するFX会社では、トルコリラや南アフリカランドなどは取り扱っていないケースも多くあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る