このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 これだけは覚えておきたい!FXで利益を稼ぐための基本原則

これだけは覚えておきたい!FXで利益を稼ぐための基本原則

413view

2018.01.24

上昇はゆっくり動き、下落は急スピード

FX会社で口座開設をしたばかりの初心者の方には、FXトレードにおいては「買い」と「売り」のスピードが異なるということを知っておいていただきたいと思います。例えば、ドル円の通貨ペアでトレードをするときは、ドルを買って円を売る行為を「買い」といい、ドルを売って円を買う行為を「売り」といいます。

為替取引においては、アメリカの通貨であるドルと日本の通貨である円の交換であるため、買いのスピードと売りのスピードに差はないと考えがちですが、実際の為替相場においては、「買い」の相場のときはゆっくりと上昇トレンドが続き、「売り」の相場は突然現れ、瞬間風速のようなスピードで売り相場が終結することさえあります。

このため買いと売りでは、値動きのスピードが異なる点には注意が必要です。これはドル円の通貨ペアだけではなく、ユーロ円、ポンド円、人民元円などの通貨ペアでも同様のことを指摘することができます。なお、下落相場が急速なスピードで進行していく理由としては、トレーダーの人間としての心理が反映されているためと思われます。

例えば、ドル円の通貨ペアで、緩やかな上昇トレンドのプロセスで買いポジションを持ち続けていたところ、ある日突然2円幅で円高に動いてしまい、トレーダー心理としては買いポジションを損切りしてでも決済したくなってしまいます。そのため、あらゆるトレーダーが売りに殺到してしまい、短時間で下落幅が拡大していくのです。

また、銀行の為替ディーラーたちは買いよりも売りを好む傾向があります。下落のほうがスピードが速いため、トレード手法としては売りを優先し、短時間で利益を稼ぐことを目指すためです。下落局面が短時間で大きな値幅を生む要因としては、買いポジションを持っていたトレーダーが大量に決済すると同時に、積極的に売りの手法を用いる為替ディーラーの存在を挙げることができます。

初心者の方の多くが、「FXとは、買いポジションを持つことによってスワップポイントの収入と為替差益の両方の獲得を狙うものだ」という意識を持っていると思いますが、銀行の為替ディーラーのように売りポジションを好むトレーダーが存在することによって、大きな値幅の下落トレンドが発生することも念頭に置く必要があります。

順張りでトレードをする

順張りを勧める理由

FXの口座開設をしたばかりの初心者の方には、「順張り」と「逆張り」という言葉も念頭に置いていただきたいと思います。そして「順張り」を基本的なトレード手法として用いていただきたいと思います。順張りとは、上昇トレンドの流れに沿って買いポジションを持つことが順張りであり、上昇トレンドの流れでありながら、これに逆らって売りポジションを持つことを逆張りといいます。

または、下落トレンドの流れに沿って売りポジションを持つことも順張りであり、下落トレンドの流れにありながら、これに逆らって買いポジションを持つことも逆張りといいます。順張りの手法を推奨する理由は明白です。逆張りのポジションを持つにあたり、合理的といえる根拠がないからです。

下落トレンドのなかで逆張りのポジションを持つトレーダーの多くは「そろそろ上がるだろう」とか「これだけ下げたのだから、もう上がるはずだ」という感覚的な理由で逆張りのポジションを持っているのです。しかし、自分の勝手な思い込みでポジションを持ってしまうと、為替相場のトレンド転換に対応できずに収益機会を失いかねません。

上昇トレンドのときは、そのまま上昇の流れに乗る順張りトレードを行い、為替差益とスワップポイントの収入を確実に手に入れ、下落トレンドのときは、そのまま下落の流れに乗る順張りトレードを行うことによって為替差益を得ることが堅実なトレード手法と言えるのです。

損切りも重要

FXトレードにおいて、自分の予想とは反する値動きを示すことも多々あります。そのときは、潔く損切りの決断を下すことも重要です。損切りは、トレードの資金を残すために、やらなければならない決断です。損切りをしなければならない局面というのは、いわゆる「ダマシ」の局面です。

例えばドル円の日足チャートで上昇トレンドへ転換したと判断し、買いポジションを持ったところ、1円幅程度しか上昇せず、再び下落トレンドへ転換してしまうケースです。2017年3月に、実際、そのような状況が発生しました。1ドル113円台で上昇トレンドへ転換したと思われましたが、1ドル115円台で再び下落トレンドへ転換してしまったのです。

口座に入金してある証拠金に対して、5%や10%ほどの損失が見込まれるときは、速やかに損切りの決断が必要です。そして、次のトレンド転換で資金を取り戻せばよいのです。

トレンドの値幅は約5%

FXの口座開設をしたばかりの初心者の方には、「トレンドが発生したときの値幅は平均して5%である」ということも念頭に置いていただきたいと思います。例えば、2017年のドル円の日足チャートを振り返ると、トレンド転換が8回発生しています。上昇トレンドへの転換が3回、下落トレンドへの転換が5回です。この8回のトレンド転換によって発生した値幅は、5円のケースが多いです。

つまり、約5%です。ちなみに値動きの激しいポンド円でも、1回ごとのトレンド発生時の値幅は約5%となっています。このため、トレンド転換を判断してポジションを持った場合、値幅が5%に接近してきた場合には利益を確定させることが重要です。とくに買いポジションを保有している場合には、急激な下落トレンドへの転換によって含み益を喪失してしまうリスクもあるため注意が必要です。

大局観を持つこと

FXの口座開設をしたばかりの初心者の方には、大局観を持つことが重要であることをお伝えしたいと思います。大局観とは、為替相場全体の大きな流れを見る能力のことをいいます。為替相場においては、常にひとつの方向へ動き続けることはありません。下落トレンドが続いても、いつかは上昇トレンドへ転換します。逆に、上昇トレンドが長く続いても、いつかは下落トレンドに転換します。

具体例としては、ポンド円の相場を挙げることができます。イギリスのポンドという通貨は、イギリスのEU離脱の観測を受けて、2015年の夏頃から下落トレンドへ転換しました。ポンド円の為替レートは、2015年の夏には1ポンド190円台をつけていましたが、2016年6月のイギリスの国民投票が実施された頃には1ポンド130円までポンドは安くなってしまったのです。

しかし、その時点からは大きくはポンドは安くはなりませんでした。2016年11月にポンド相場は底を打ち、イギリス経済の好調さを受けてポンド高円安のトレンドが続いています。このため、ポンド円の相場を週足チャートでチェックしていたトレーダーは、2016年11月におけるトレンド転換を見逃すことなく、買いポジションを持つことができ、現在では20円幅の為替差益とスワップポイント収入を得ることができているのです。

為替相場は観測によって大きなトレンドが発生し、観測が事実となって現れることによって、ひとつの大きなトレンドが終結するといわれています。今後、イギリスはEUから離脱することによって、イギリス経済が弱体化すると多くの専門家が予想しています。

しかし、だからといって1ポンド1円といった等価となるような為替レートに至ることは予想しにくいです。冷静に大局観を持って、為替相場に臨むことが重要です。そして、流れに逆らう者は溺れるのです。この言葉を胸に刻んで、FXトレーダーとして相場に臨むことも重要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る