このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 簡単!読めばわかるFXの基本とFX初心者に必要な知識

簡単!読めばわかるFXの基本とFX初心者に必要な知識

310view

2018.01.24

FXの基本

FXの仕組み

日本円を米ドルなど外国の通貨(外貨)に交換したり、外貨を他の外貨に交換したりする取引を外国為替取引といいます。例えば、日本円を米ドルに替えたとします。二国間の通貨を交換する比率(為替レート)は、絶えず変化しており、この変化によって生まれた利益を為替差益(キャピタルゲイン)といいます。FXは主にキャピタルゲインを狙って行う取引です

FXは投資資金が少額でもできる

FXの取引を行う時、取引業者に預けるお金を証拠金と呼びます。また、FXは預けた証拠金の何倍もの金額を取引でき、このシステムをレバレッジといいます。レバレッジで証拠金の何倍もの取引を行えば、得られる利益も大きくなるのです。

しかし、思惑とは逆の方向に為替が動いた場合、レバレッジを利かせた分、損失が大きくなってしまいます。FXの取引に慣れないうちはレバレッジを小さくし、リスクを小さく抑えましょう。

FXでスワップ金利も狙おう

FXと同様に外貨に投資する手法として、外貨預金があります。これは高金利の外貨に投資をして、インカムゲインと呼ばれる利息を得る手法です。FXにもインカムゲインがあり、金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買った時にのみ得られます。これをスワップ金利といい、レバレッジを利かせれば、スワップ金利に反映されるため、毎日貯まる少額のスワップ金利も馬鹿にはできません。

逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買った場合、金利差分の利息を支払うことになります。また、スワップ金利は小さな利益を積み重ねるので、為替が大きく変動した時は積み重ねてきた利益を失うこともあります。

FXは24時間いつでも取引ができる

外国為替には株式市場の様な取引所がないため、世界各都市にある銀行間で、電話やインターネットを介して取引が行われます。これはインターバンク市場と呼ばれています。そのため、FXは平日なら24時間取引が可能です。日本の銀行は夕方にクローズしますが、時差がある事から、欧米の銀行は日本が夜になってから営業を開始します。
そのため、ユーロの取引は夕方から、ドルの取引は深夜から活発化するのです。そのため、日中に働いている人でも、会社が終わった後から十分に取引を行えます。

FXの取引を始める前に

FX取引業者を選ぶ

FX取引業者を選ぶポイントはいつくかあります。

  • 手数料がどのくらいかかるか
  • 注文の仕方にどんな種類があるか
  • 取引できる通貨のペアはどれくらいか
  • スワップポイントの取り扱いはどの様になっているか

自分の投資スタイルに合っている取引業者を選んでください。FX初心者の方は取引や注文の仕方に慣れるため、2つ以上の取引業者での口座開設をお勧めします。その中で自分に合った業者を選ぶと良いでしょう。また、デモ取引ができる業者もあり、デモ口座を活用して注文操作に慣れてから実際の取引を開始しても遅くはありません。

口座の開設

口座開設の申し込みはほとんどインターネットを使って行います。どの取引業者もほぼ同じ申し込み方法ですが、若干異なる点があるので、各業者のホームページ等で事前に確認して口座開設を行なってください。取引したい業者のホームページに資料請求や口座開設フォームがあるはずです。申し込みフォームで氏名や住所などを記入して送信すれば、申し込み用紙や資料が届きます。

この時、取引規約やリスク確認書なども同封されているため、必ず目を通しておいてください。申し込み用紙に必要事項を記入し、身分証明書(運転免許証やパスポートなど)のコピーを同封して、返送しましょう。取引業者の審査に受かれば、指定銀行の通知や取引に必要なパスワードが送られてくるので、指定された銀行口座に証拠金を振り込めば取引を開始できます。

売値と買値とは

通貨の価格には売値(Ask)と買値(Bid)の2つがあり、この売値と買値の差をスプレッドといいます。スプレッドは取引業者が受け取れる分となり、第2の手数料といわれています。多くの取引業者は取引手数料を取らず、スプレッドを手数料の代わりとしていますが、手数料が発生する業者もありますので、契約時に確認してください。また、スプレッドは業者によって異なる設定のため、ここも注意してください。

注文方法

FXの取引を行う上で重要なのが注文方法です。FXには指値注文と成行注文といった基本的な注文方法の他に、逆指値注文やIFD、OCO、IFOといった方法もあります。さらに、取引業者によっては便利なシステムを設定しているところもあるのです。投資家のライフスタイルで投資手法は変わってくるため、自分に合った投資スタイルを見つけてください。

指値注文と成行注文

基本的な注文方法として、指値注文と成行注文があります。FX初心者の方はまずこの2つを覚えましょう。まず、指値注文とは、あらかじめ買いたいレート、売りたいレートを指定する注文の方法です。例えば、1ドル=110円50銭になったら買いたいと注文します。そして、注文期間中に1ドル=110円50銭の値がついたら売買は成立します。

この時、注文の期間も指定でき、指定した期間内に注文した値がつかなければ売買は不成立となります。一方、成行注文は注文した時点での価格で売買する方法です。絶えず変動する価格を見ながら注文ボタンを押します。この時、取引業者に注文が届いた時点での価格で売買が成立するため、注文が業者に届く僅かな時間差で価格が変わってしまう場合があります。

そのため、思惑とは少し異なった価格で注文が成立する場合があるのです。成行注文は取引が必ず成立するため、相場が急変して利益の確定や損切りを急いで行いたい時に有効となります。

テクニカル分析とファンダメンタル分析

テクニカル分析

テクニカル分析は、今から為替がどう動くかを過去の価格や取引量といったデータの時系列パターンから判断する手法です。テクニカル分析で必要なツールがチャートと呼ばれるグラフです。これは為替の水準を時系列で表したもので、短期的な為替の動きを予測する時に使います。特に短期間で取引を行うスキャルピングやデイトレードでは、リアルタイムで値動きをチェックする必要があり、チャートによる分析は必要不可欠です。

ファンダメンタル分析

各国の景気動向や金利など、経済指標を分析して為替の動きを予想する分析手法をファンダメンタル分析と呼びます。経済が強い国や景気の良い国の通貨は高くなる傾向があります。逆に景気が悪い国や国内が政情不安になれば、通貨は安くなる傾向にあります。ファンダメンタル分析は大きなトレンドを読むのには有効ですが、目先の動きを追うのには向きません。

しかし、一つの経済指標の発表でトレンドが大きく変わる事もあるため、無視はできません。取引している通貨やその関連国の通貨の特徴、経済指標の発表時間、通貨の変動しやすい時間帯は把握しておくと良いでしょう。

FX初心者に多い失敗

注文ツールに慣れていない

FXの取引に慣れていない初心者の方は、注文ツールに慣れておらず、売値と買値を間違えて注文したり、注文する金額を間違えたりするなど初歩的なミスをしてしまいがちです。まずはFXを疑似体験できるデモ取引のツールを使いましょう。デモ取引で注文ツールの扱い方に慣れると同時に、売買のタイミングのコツを学べます。自分のライフスタイルに合った投資スタイルを探ってみましょう。

感情的に投資してしまう

為替は刻一刻と変動します。そのため、初心者は少しの値動きでも敏感に反応し、慌てて損切りしたものの、すぐに値が反転して儲け損ねてしまったり、損切りになかなか踏み切れず、ズルズルと損失を広げてしまったりする事があります。逆に、利益が出てまだ上昇する余地があるのに決済をしてしまい後悔したり、利益が十分に出ているにもかかわらず、欲を出して深追いした挙句、反転して儲け損ねてしまったりする事もあるものです。
投資家は常に冷静な判断を求められます。初心者の方はまず自分なりのルールを確立し、少額でも確実にコツコツと利益を積み上げる事を目標としましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る